読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北風と太陽

ミサイルをおもちゃにしている国からたまに日本に向かって発射され、日本海側に住む者としては飛んで来ないとも言えない気がしています。 軍事オタクではないので詳しい話は知らないのですが、先日4発発射された時にそれを撃ち落とす機能を持っているイージ…

テロ等準備罪

昔習ったはずなのですが全く覚えてないんですけど、法律を制定する際はその必要性の根拠として実際に取り締まりの対象とする対象を想定し、それを立法事実と呼びます。 最近の例で言えば、安保法制におけるペルシャ湾の機雷掃海を目的として自衛隊を派遣する…

「もくと」

何で今のタイミングか訝られる自衛隊の南スーダンからの撤収の発表が今日ありました。 (籠池理事長会見の同時刻に自分の会見をぶつけてきた総理の行動をいぶかしむ説もありますが)* そこで総理は「もくと」と言っていて、また「でんでん」のようなことかと思…

ドコモのひとりでも割50

タイプSSバリュー(1,864円/月)という基本契約に「ひとりでも割50」という割引サービスで基本料金を半額にしています。 ドコモにはこれを含め、 ・ファミリー割引・・・・・家族みんなドコモなら25%割引 ・ファミ割MAX50・・・・・2年契約で家族みんな50%割引…

もしもの話

ロシアの外交官や大統領側近はここ16カ月で8人が死亡しているそうです。 中には公衆の面前で殺されたトルコ大使がいますが、翌日に外交官が自宅で頭を撃たれていますし、今年に入ってから死者3名のうち心臓発作という発表が2名、1名も自宅浴室で死んでいまし…

加計学園問題

最初に知ってから1週間くらい経ちますが、マスコミはほとんどスルーでどこも取り上げてません。 こちらも首相夫人が名誉職に就いているだけでなく、総理の米国留学時代からのオトモダチ(ゴルフや食事に何度も行っているのを首相動静に書かれているので知らぬ…

赤信号

原宿の御停車場が使われている頃なのでまだ元号は昭和だった頃(今上天皇になられてからは使われてないそうです)、静養に行かれる際にそこから列車に乗られることがあり、朝からヘリや警察官がそこかしこに立っていてものものしい警備でした。 その時刻が近づ…

名誉校長

知らないで名前を貸していたと言っている人がいますが、貸す方はおかしなものに自分の名を利用されてはかなわんので事前に相手のことをそれなりに調べるのが通常の手順でなかろうかと思います。 顔や名前を貸す方も、それを利用して相手が何かをするという目…

ニュースの主役

少し前までは連日、豊洲のこと一色だったんですが、トランプや金正男事件に取って代わり、今は森友学園ばかりになっています。 日本はアメリカの植民地的な性格があるのでトランプのことに時間を割くのはある程度理解できますが、噂や憶測しか情報がないのに…

森友学園問題

お金があったら最初から土地を買い取りできるので今騒がれているほとんどの問題は発生しなかったけど、ないがゆえにあらゆるスキームと前例のないウルトラC的扱いで現在に至ったのではないかと思われます。 そこには自分達が推し進めようとする思想に近いも…

アカデミー賞授賞式 2017

去年の授賞式は前年に続き黒人の候補が皆無だったので大揉めでしたが、今年はアメリカ合衆国のいい面が出ているという感じがしました。 俳優や司会者のトランプの政策を揶揄したり批判したりするコメントが随所にあったのを見て、我が国の最高司令官にそんな…

最近のニュース番組

このところのニュース番組はトップが金正男殺害事件についてのことが多いのですが、時間軸で考えてみると最初の頃に言っていたことと話がだいぶ違っていて(注射など)、それってよくいう裏取りしないまま報道していたってことなんでないかなと思いました。 今…

追及対象

テレビのワイドショーや情報番組を見ているとやれ清水富美加がどうの、ASKAが説明責任を果たしていないとか細かいとこまで指摘していますが、謎や責任問題をどこまで追及しても我々の生活には芸能界のことって位置づけでいうと箸休めというか割とどうでもい…

二階ぞめき

古典落語ネタのひとつに吉原通いを咎められて外出禁止を食らった大家のバカ息子がそれならばと自宅の二階に吉原を作ってしまうという噺があるのですが、落語ならではの設定だと思います。 そんなフィクションを思い出してしまったのは、北朝鮮が工作員を養成…

北朝鮮のミサイル

日本の性能を超えているところもあるようで飛んできたら実際のところ防衛できないのではないでしょうか。 そうなると増大し続ける防衛費も軍事産業へのお小遣いになっているだけで、本来の目的の意味をなしてない気がします。 話がわからない相手扱いするの…

グラミー賞受賞式

トランプ大統領に対するメッセージやパフォーマンスの迫力など、日本の芸能ニュースや歌番組を見ていてもちろんそれなりの良さを感じるのですが、よく「ベースボールと野球」という言い方があるように両国のその世界は同じに見える(英語の相手のもので置き換…

内政問題というけど

トランプ大統領の難民規制について、アベちゃんはアメリカの内政問題だから口出ししないと言ってますが、そのせいで日本の航空会社が該当国籍の搭乗者を乗せないという対応をしなくてはいけないとか、全く無関係ではいられません(航空会社が加盟する協会の決…

指定生存者

トランプ大統領が大統領令を乱発しているので、共和党内に彼の精神状態を疑う意見や、レーガン大統領が狙撃されたときのような大統領自身が意思表示できないケースの権限移譲はどうするのかという話が本来とは違う意味でよく調べられているそうです。 大統領…

退位問題

政府が憲法違反を怖れるあまり、お言葉など今上天皇発信に沿って動くのはよくないとい言っているとニュースでやってましたが、参考意見として当事者の意見を聞くことって基本中の基本でないですかね。他に体験者がいないので聞ける人はいませんし。 いくら象…

トランプ大統領

合衆国憲法の決まりで、1月20日の12時をもって新大統領が誕生するそうです(それまでは3月4日だったそう)。 彼はジャケットの前ボタンを留めないんですね。 NHKは画面のあちこちに出してるスーパーの類が大きく、ちょっと邪魔な就任式の中継でした。

米軍ヘリ不時着事件

また言いなりの「不時着」で統一されていますけど、それはさておき仕事上や日常生活で様々な相手に何かしらの役務を提供してもらう契約があると思いますが、あんなにミスばっかりしている相手だと常識的に言って契約は続けますか? 施政方針演説で総理は「戦…

謎の支持率

毎回結果が発表される度に「ホントかな?」と思うのが安倍内閣の支持率(の高さ)です。 周りで評価している人はいないのに(そういう人しか周りにいないんだろうという見方もあると思いますが)、なぜか高いんですよね。 ネットでよくやっているなんちゃってア…

オバマ大統領 退任演説

ニュースでやっていましたが、毎度の格調高い演説でした。 日本の総理大臣はこのスタイルを真似して日本語でそれをやってますが、そもそも日本語でやっても合わないし、いつも美辞麗句を並べるだけの言葉だけがかなり浮いていると思います(ウソばっかり言っ…

スピード送検

電通の送検が異例といえるほど早いのは世論の意識の高まりを無視できなかったと書いているメディアがありますが、さんざん話題になっているのにスルーになった案件は山ほどあるのを考えると政治案件と考えるのが妥当だと思います。 長時間労働ばかりクローズ…

どうしても「初めて」と言ってもらいたい人

安倍総理の真珠湾訪問は最初に発表された時は「現職総理で初」となっていましたが、読売新聞が吉田茂が訪れていたと書いていたので報道機関はそれに修正しました。 その後現地の新聞のハワイ報知が鳩山一郎と岸信介も訪問していることを報じましたが、外務省…

領土問題

テレビで見て思い出したのは江東区vs.大田区の埋め立て地を巡る争いであります。最初に知ったのは何年か前に見た噂の東京マガジンででしたが、ここではそれを視聴するすべはないんですけどまだ続いていたというか、オリンピックが同地で開催されることになり…

軍隊を持たぬ国

ビッグコミックに掲載後最初にまとめて出される別冊のゴルゴですが、194巻目です。 この中のエピソードでアイルランドを舞台にした標題の話(2012年掲載)があるのですが、「島国」「軍隊がない」「米軍基地がある」というキーワードが揃うと日本のことを意識…

来年度予算案 97兆4747億円

うち、防衛費が5年連続の増加でおよそ5兆1千億円(前年度から710億円増)だそうですけど、保育園関係にもっと回さないと守るものが無くなってしまい、何のための防衛なのかわからなくなってしまうと思います。 子育て関連に付けられた予算は、 ①保育士の給与を…

アムール川

中国の東端は2つの大河の流れがそのままロシアとの国境になっているのですが、その合流点から始まりオホーツク海に注ぐのがアムール川です。 知らなかったんですが昔はその流域の多くが清の支配下にあったので、中国名も付いていて黒竜江とも言うようです(…

もんじゅの地元

見ていて失礼ながら思うのですが、政府にヤク中にされてそれを取り上げられてしまった人のように見えます。 なくなると地元の経済が廃れるという理屈はもっともだけど、その経済活動の元が誰にもどうしようもできないもので、それを前提にした発展を考えるの…

信頼って

約束の時刻に遅れないことなのでは? ↓少なくとも彼に信頼感を語る資格はない。

南クリル諸島

どこのことかと思ったら、プーチンは北方領土のことをそう呼んでいました。 どこを基準に見るかで南と言ってても一方にとっては北だったりで、サザエさんで裏のおじいちゃんから見たらうちが裏だとカツオが言っていたのを思い出しました。 中華人民共和国の…

地元とは

日露首脳会談が山口県長門市で予定されていますが、安倍総理はそこのことを「地元」と言っています。彼の戸籍はそこだし、選挙区もそこなので確かにそういう言い方はできますが、彼は東京生まれで大学まで吉祥寺にある一貫校の成蹊学園に通っていたので実質…

12月8日

若い世代にはジョン・レノンが撃たれた日、その上の世代には真珠湾攻撃として記憶される12月8日ですが、「若い」という言葉は相対的な意味なので、もっと若い世代が登場した現代では「どっちもシラネ」みたいなことになっていると思われます。 安倍総理が先…

オリンピック会場の新設問題

各競技団体のトップ達がオラのところもと口々に結構強い調子で新設しかありえないみたいなことを言ってますけど、作ってもらう側の立場なのにどういう理由であんなに強気になれるんですかね。 聞くところによると、スポーツ施設で黒字運営ができるところはほ…

象徴とは

物事は必ずしも多数決で決めるべきでもないと思うのですが、マスコミがよくやっているアンケートでは退位についてかなり多くが賛成していることを考えると、「国民がそう思う」ということは象徴の要素のひとつだと思うので、ありなのではないでしょうか。 有…

東京オリンピックの3会場

途中で密室の会合が入ってしまったので、残りを公開にしてもあまり意味がないんでないですかね。 森喜朗は予算について検討を重ねてきたと言っていますが、組織委員会が虎ノ門ヒルズに入居していることをはじめ口だけな気がします。小池知事が騒ぎ出したら建…

高齢ドライバー※問題2

この問題のひとつである、アクセルとブレーキの踏み間違えをなくす方法として、マニュアル車はそれが起こりにくいことを提案している人がいていい考えだと思いましたが、自動ブレーキ装置同様、現在普及している車がオートマ車であり自動ブレーキ装置が付い…

「SMAP解散」は流行語なのか

ニュースかもしれませんが、流行語とは違うような。 去年は発表されて存在を初めて知った言葉が多かったですが、今年は一応すべてわかったのでよかったです。 ユーキャンは日本通信教育連盟(株式会社)から社名を変えてうまくいっているなと思います。 こちら…

合衆国大統領選挙3

大学受験の勉強をしている頃の話なのでだいぶ前のことなんですが、予備校の講師で赤本の答えと自分が教える答えが異なっている場合について時々クレームがあるのでということでその説明がありました。 赤本は大学生がアルバイトでやっているレベルなので間違…

合衆国大統領選挙2

アメリカ大統領選挙は各州で一般有権者による投票で勝った場合、その州の選挙人の人数を総取りできる仕組みでになっていますが、ブッシュvs.アルゴアで過去にもあったような選挙人の獲得数は勝ったものの獲得総数では負けていたのが今回のトランプvs.ヒラリ…

見たいものを見る

トランプ勝利という結果を受けて後付け的に思える分析がほうぼうで行われています。 選挙結果は得票数という事実に基づいて報道されていますが、事前予測については日本に住んでいる私にとってはメディアからしか情報が得られないのでそれを見聞きして状況を…

合衆国大統領

アメリカ合衆国の女性大統領は「24」でジャック・バウアーが護衛していましたが、個人的に一番最初に設定であったのは(他にもあると思いますが)、ジェフリー・アーチャーの『ケインとアベル』の続編の『ロスノフスキ家の娘』です。 当時はありえない設定だっ…

トップの任期

韓国の政治システムというのはよく考えたら全く知らなかったことに最近気がつきました。大統領がいるということくらいで、5年任期で再選禁止の1回こっきりなんですね。なんでも、国王と皇帝を足したくらいの強大な権力と昨日見たテレビで専門家が言っていま…

逝去とは

「死ぬ」の敬語なので、「逝去される」は二重でないですかね。 NHKのHPでのニュース記事は、見出しが「ご逝去」、本文は「亡くなられました」となっていて問題ないと思いますが、最近の何でも「させていただく」をくっつけとけば大丈夫だろという風潮のよう…

レガシーと言うけれど

東京五輪の幾つかの会場新設で揉めていますが、そこでよく印籠のように「レガシーが」と出るのを聞いていると、最初は確かにそうだわなと思っていましたが、そんなに大事なのかなという気がしてきました。何かのCMにありましたけど「モノより思い出」で、ハ…

将棋ソフト

羽生善治の奥さんが週刊誌報道を受けて補足したというコメント中の「疑わしきは罰せず」という言葉はほとんどの人が知っていると思うのですが(「推定無罪」という、有罪が宣告されるまでは無罪が推定されるのは近代法の基本原則です)、これに限らずいつの頃…

プミポン国王

失礼な話ですが、亡くなったプミポン国王の「プミポン」は音が独特で耳に残ります。 なかなか外国人の名前は覚えられないのですが、「ポン」が混ざっているだけでだいぶ覚えやすい気がします(プミポンとは、「類まれな強い地の力」という意味のようです)。 …

B級映画と現実

北朝鮮が米国を攻めるというの今まではB級映画上の設定のはずだったのですが、このところのかの国の急成長?により絵物語で無くなってきています。 どうなっちゃうんでしょうか。 ↓NetflixとHuluにはありませんでした。B級だからいいんですけど。 レッド・ド…

死刑制度

かつて週刊少年チャンピオンに「がきデカ」という漫画が連載されていて、主人公のこまわり君(日本初の少年警官)が「死刑!」というのが当時流行りました。 余談ですが、初期のこち亀は「秋本治」でなく「山止たつひこ」名義で描かれていますが(実際にコミッ…