読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔と今

気がつくと言い方が変わっていたものに、カロテンがあります。 昔はよくβカロチンなんて言っていたけど、そっちが元の単語の発音に近いからそうなったのでしょうか。だったら最初からそうして欲しいんですけど(英:carotine/独:carotene)。 NHK放送文化研究所…

チャンスはメイクする?

新聞のスポーツ欄に昨日のプロ野球の記事が載っていて、それを読んでいると「(坂本は)チャンスメイクの役割は果たしたが」という記述がありました。 昔の歌謡曲(この言い方自体古いですが)の歌詞にも「テイカチャンス(take a chance)」というものは珍しくな…

新車の名前

ダイハツの新車のCMで最後に「CAN(デキる)BUS(ミニバス)」という表示が出るCANBUSという名前ですが、その意味はわかるとしてBやPの前に来るとNはMになるという表記の掟があるので、それは守った方がいいと思います。 それは単にBやPを発音しようとすると唇が…

小池都知事

豊洲市場や東京五輪会場の話で連日テレビで見かけます。 「〇〇ファースト」という言い方で大事なものを最優先に掲げることで、自らの立場も例外でないとするスタンスはとてもいいと思うのですが、会見や議会での所信表明など、多くの人に聞いてもらう場面で…

生きざま

藤沢周平がお金を積まれてもも使いたくない言葉として挙げていた「生きざま」は、彼が亡くなったのが1997年なのでそう古い話ではないはずですが、ちょくちょくこの言葉は使われているのを耳にします。 本来は「無様(ぶざま)」のようにマイナスイメージで使わ…

ご心配とご迷惑

最近の会見でこれをよく聞くのですが、誰もというとオーバーですけど、呼びかけの対象者であんまり心配に思ったり迷惑と感じている人はいないと思います。 それよりも、会見を開く理由であった行為がよくなかったということを認める方が、聞いている人には伝…

常用漢字

「障がい」という表記をたまに見かけることがあります。たまにです。 熟語なのに漢字とひらがなが混じるいわゆるマヌケ表記なのですが、これは新聞やテレビ等いわゆる常用漢字しか使っちゃダメよという場所ではそうせざるを得ないからで、「障碍」と本当は書…

ヒーローとヒロイン

フジテレビが週末にやっているスポーツ番組でHERO'Sというタイトルのものがあります。 しかし、これってnurseみたいにShe is a nurse./He is a nurse.というような使い方ができるものと違って、その概念の両性を包括するものでなく男性しか指さない名詞なの…

間違っているけど

言葉の誤用の定着は苦々しいものですが、世の中には他にもいろいろな間違いが蔓延しております。 みるたびに気になるのが、食べ物を口に運ぶ際の「手皿」であります。 マナー上はよくないとされているのにあれはなくならず、いろんなことにうるさいマツコも…

文化庁「国語に対する意識調査」

毎年そうなんですが今年の発表でも調査で正答率が低かったものにスポットライトが当たりあれこれ言われています。 取り上げること自体は別にいいと思いますし、言葉が時代に応じて変わっていくのもありなので受け入れるのですが、ひとつだけどうなのよと思う…

国語と日本語

毎年この時期なのか、文化庁がやっている「国語に対する意識調査」の発表がありました。 そもそも論ですが、「国語」と言っていますがそれは日本語のことを指しており、そこから変えるべきだと思います(もちろん、高校まである教科名もです)。 何でかと言い…

英単語

未就学児童(姪)がいるのでギンビス たべっ子どうぶつバター味 が家にあったりするのですが、小腹を満たすのにちょうどいい量なのでたまに失敬しています。 もう勉強しなくなりましたが学生時代は最も時間を割いていたと記憶しており、小さい頃は模様というか…

Wとダブル

よく見かけるシリーズで、「Wチャンス」のようにWと書いて「ダブル」と読ませるものがあります。 ダブルとはご存知のように英語のdoubleが由来ですが、そこにはwの文字はまったく含まれていません。 英和辞典で調べると、doubleは数や価値が2倍とか対という…

リベンジって。。。

前々から気になっている言葉に、プロ・アマ問わずスポーツ選手を中心に使われる「リベンジ」があります。 もちろん、英語のrevengeから来ているのですが、かつてスター・ウォーズの第3作(現在ではエピソード6)が公開されたときのこぼれ話で、元々は"Revenge …