読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉

「SMAP解散」は流行語なのか

ニュースかもしれませんが、流行語とは違うような。 去年は発表されて存在を初めて知った言葉が多かったですが、今年は一応すべてわかったのでよかったです。 ユーキャンは日本通信教育連盟(株式会社)から社名を変えてうまくいっているなと思います。 こちら…

あっぱれと喝

日曜の午前中にやっている番組で元プロ野球選手の野球評論家が野球だけでなくスポーツ全般に対して何か言うコーナーがありますが、言いっ放しでなくちゃんと行ったことに責任を持ちお詫びや土下座も語彙の中に入れるべきでないんでしょうか。 専門家でもない…

お詫び会見にて

本人は「申し訳ありませんでした」と言っているのに字幕では「すみませんでした」と表示していたミヤネ屋があえてこうする理由は何なんでしょうか。 他にもまるっきり変えていたところがありましたが、「ら」抜き言葉の修正ならまだしも誤字脱字というレベル…

ただ辞めるだけなのに卒業という言葉を使わないで欲しい

「辞める」というと聞こえが悪いから言い換えているのだと思いますが、これがだんだん蔓延してきてずっと使われて来た課程を修了する意味で使う人が割りを食うし、聞いている人にとっても紛らわしいので別の言い方に改めて欲しいと思います。 自分の意志で辞…

使えない漢字なら

ポケモンGOの運営に愛知県が、運転中にゲームできなくなるようにしたり道路上にモンスターが出なくなるようにしてくれと申し入れをしたニュースで、運営からの返事が紹介されていたのですが、画面に映された返事は英語で書かれていてそれを英訳したものを字…

一般人

韓国の朴大統領が機密情報を漏らしていたのではということで逮捕されてしまいましたが、深夜帯のニュースでは「親友の」と肩書き?が付いていました。 通常は勤め人だと「会社役員」とか「財団理事」などと書かれ、無職だとその旨名前の前後に付けられて報じ…

補する

こういう系統の用例には接する機会がないので疎いのですが、テレビで吉田沙保里が至学館大学の副学長にというニュースで辞令らしきものをマスコミの前で読み上げているシーンがあり(報道ステーションのみで、ニュース23やユアタイムではカットされていました…

綴り字と発音表記

The ALFEE → Aが母音なので、「ジ」・アルフィー・・・・・◯ The YELLOW MONKEY→日本語表記は「イエ」だが実はヤ行の4番目なので「ヱ」だから「ザ」・イエロー モンキー・・・・◯ エヴァンゲリオン→EVANGELIONなので、いくら公式が「ヱヴァンゲリヲン」と新…

逆王手

日本シリーズの勝敗は5戦を終わった時点で日本ハムが3勝広島カープが2勝です。 先に4勝した方が優勝なので日ハムが王手をかけている状態なんですが、スポーツニュースを聞いていると「広島は今日勝って逆王手をかけるか?」と言っていました。 将棋を少しで…

逝去とは

「死ぬ」の敬語なので、「逝去される」は二重でないですかね。 NHKのHPでのニュース記事は、見出しが「ご逝去」、本文は「亡くなられました」となっていて問題ないと思いますが、最近の何でも「させていただく」をくっつけとけば大丈夫だろという風潮のよう…

芹沢家

この名を聞いてピンとくる方はゴルゴファンだと思います。 ゴルゴのルーツに迫るテーマで屈指の名エピソードのひとつとして知られていますが、ネタバレしない程度にちょっとだけ内容を言いますと死体の処理方法がポイントになっています。 これに限らず、推…

引退した選手?

日本シリーズのラジオ中継のゲストに巨人軍に今シーズンまでいた鈴木という方が呼ばれていたんですが、それを告知するラジオCMでは「元巨人軍の鈴木選手」と言っていました。 引退会見もしているのでもう選手ではないから、その言い方は違ってるんじゃないか…

かっことじ

小学校の時からの疑問なのですが、書かれたものを声に出して読む際の文中にある括弧は読まないものなのではないかと思います。 でも、「かっこ〇〇かっことじ」と言っている人(アナウンサー)が普段からラジオをよく聴くのでたまに耳にするのですが、一拍スペ…

沖縄そばの日

10月17日は沖縄そばの日だと初めて知りました。 よくありがちな協会が業界の振興目的で初めて作られた日なので記念日協会に登録というパターンではなく、少し重いエピソードが背後にあった日でした。 本土復帰して何年か経った日に、公正取引委員会から沖縄…

マヨラー

正確に言うとマヨネーズでなくて商品の袋の裏に品名では半個体状ドレッシング*ということになるA社の65%カロリーカットのCMを栗をむきながら聞いていたら、菅野美穂が 「これだけかけてもカロリー65%カット」 と言っていました。 「?」と思ったのが、もとも…

させていただく症候群

厄介なことに、どんな動詞にもつけることが可能な「させていただく」なのですが、本来はそれ(発言者がする動詞の行動)をやることについて許可がいるような場合に使うへりくだった表現のようです。 昨晩、日テレのスポーツ番組を見ていたら、箱根駅伝の予選会…

秋の日は釣瓶落とし

あんなに暑い日が続いていたのに、最近一気に気温が下がっている感じがします。 夕暮れもまだそこまではいっていませんが、急に暗くなったように思える時期になってそれを感じるとシーズンに一度は「秋の日は〜」と口にしたくなる衝動にかられます。割と長め…

スターとタレント

TBSのオールスター感謝祭は紳助が司会をやっていたので、見たことがない人もいると思いますがもうだいぶ前から続いているので名前くらいはよく知られている番組ではないかと思います。 しかし、そこに出演しているのはスターではなくタレントと呼ばれる方々…

昔と今

気がつくと言い方が変わっていたものに、カロテンがあります。 昔はよくβカロチンなんて言っていたけど、そっちが元の単語の発音に近いからそうなったのでしょうか。だったら最初からそうして欲しいんですけど(英:carotine/独:carotene)。 NHK放送文化研究所…

チャンスはメイクする?

新聞のスポーツ欄に昨日のプロ野球の記事が載っていて、それを読んでいると「(坂本は)チャンスメイクの役割は果たしたが」という記述がありました。 昔の歌謡曲(この言い方自体古いですが)の歌詞にも「テイカチャンス(take a chance)」というものは珍しくな…

新車の名前

ダイハツの新車のCMで最後に「CAN(デキる)BUS(ミニバス)」という表示が出るCANBUSという名前ですが、その意味はわかるとしてBやPの前に来るとNはMになるという表記の掟があるので、それは守った方がいいと思います。 それは単にBやPを発音しようとすると唇が…

小池都知事

豊洲市場や東京五輪会場の話で連日テレビで見かけます。 「〇〇ファースト」という言い方で大事なものを最優先に掲げることで、自らの立場も例外でないとするスタンスはとてもいいと思うのですが、会見や議会での所信表明など、多くの人に聞いてもらう場面で…

生きざま

藤沢周平がお金を積まれてもも使いたくない言葉として挙げていた「生きざま」は、彼が亡くなったのが1997年なのでそう古い話ではないはずですが、ちょくちょくこの言葉は使われているのを耳にします。 本来は「無様(ぶざま)」のようにマイナスイメージで使わ…

ご心配とご迷惑

最近の会見でこれをよく聞くのですが、誰もというとオーバーですけど、呼びかけの対象者であんまり心配に思ったり迷惑と感じている人はいないと思います。 それよりも、会見を開く理由であった行為がよくなかったということを認める方が、聞いている人には伝…

常用漢字

「障がい」という表記をたまに見かけることがあります。たまにです。 熟語なのに漢字とひらがなが混じるいわゆるマヌケ表記なのですが、これは新聞やテレビ等いわゆる常用漢字しか使っちゃダメよという場所ではそうせざるを得ないからで、「障碍」と本当は書…

ヒーローとヒロイン

フジテレビが週末にやっているスポーツ番組でHERO'Sというタイトルのものがあります。 しかし、これってnurseみたいにShe is a nurse./He is a nurse.というような使い方ができるものと違って、その概念の両性を包括するものでなく男性しか指さない名詞なの…

間違っているけど

言葉の誤用の定着は苦々しいものですが、世の中には他にもいろいろな間違いが蔓延しております。 みるたびに気になるのが、食べ物を口に運ぶ際の「手皿」であります。 マナー上はよくないとされているのにあれはなくならず、いろんなことにうるさいマツコも…

文化庁「国語に対する意識調査」

毎年そうなんですが今年の発表でも調査で正答率が低かったものにスポットライトが当たりあれこれ言われています。 取り上げること自体は別にいいと思いますし、言葉が時代に応じて変わっていくのもありなので受け入れるのですが、ひとつだけどうなのよと思う…

国語と日本語

毎年この時期なのか、文化庁がやっている「国語に対する意識調査」の発表がありました。 そもそも論ですが、「国語」と言っていますがそれは日本語のことを指しており、そこから変えるべきだと思います(もちろん、高校まである教科名もです)。 何でかと言い…

英単語

未就学児童(姪)がいるのでギンビス たべっ子どうぶつバター味 が家にあったりするのですが、小腹を満たすのにちょうどいい量なのでたまに失敬しています。 もう勉強しなくなりましたが学生時代は最も時間を割いていたと記憶しており、小さい頃は模様というか…

Wとダブル

よく見かけるシリーズで、「Wチャンス」のようにWと書いて「ダブル」と読ませるものがあります。 ダブルとはご存知のように英語のdoubleが由来ですが、そこにはwの文字はまったく含まれていません。 英和辞典で調べると、doubleは数や価値が2倍とか対という…

リベンジって。。。

前々から気になっている言葉に、プロ・アマ問わずスポーツ選手を中心に使われる「リベンジ」があります。 もちろん、英語のrevengeから来ているのですが、かつてスター・ウォーズの第3作(現在ではエピソード6)が公開されたときのこぼれ話で、元々は"Revenge …