斂葬の儀

高貴な方でも荼毘に付すのは一般人と同じところなのだと、ルートに落合斎場が入っていることを知って思いました。確か石原裕次郎もそこだったような。

一年ほどですが近所に住んでいたことがあって、こんな住宅地に斎場があるのだと驚いた記憶があります。

土地がある田舎ですら斎場の建設は揉めるので、都内だと昔からあれば永遠にそこなんでしょうね。

数は足りているんでしょうか。

 

そういえばと思いウィキペディアを見ましたが、大喪の礼だとはっきり書いてないけど埋葬(土葬)なんですかね。

 

こういう話は猪瀬直樹が一番輝いていたと個人的に思う『ミカドの肖像』などで知識を得ました。

これを含む3部作や『天皇の影法師』など当時はいろいろ読みましたが、現在は大阪に万博を呼ぼうという方面でご活躍のようです。

 

ミカドの肖像 (小学館文庫)

ミカドの肖像 (小学館文庫)

 

 

 

広告を非表示にする