下処理は大事

作り置き用の牛丼の素みたいなの(甘辛煮)を作ったのですが、牛肉をさっと湯通ししておくことでアクや臭みがなくなってとてもいいと思います。

f:id:g3org3:20161111005937j:image

調理時間30分ほど(圧力鍋使用)

段取り

調味料を加熱(砂糖を溶かす目的)→残りの材料を入れ圧力鍋の蓋をして加熱→圧力がかかったら火を止めて温度が下がるのを待つ→汁気がなくなるまで加熱(これが大半というか一番時間がかかります)

材料

牛肉切り落とし:200〜300g(湯通し) 写真は200g使用です

こんにゃく:1枚(細切りにして塩もみ、水に浸けておく)

玉ねぎ:中1個

しょうが:お好みの量を細切りにしておく

舞茸:1パック

 

調味料

砂糖:大さじ2

酒:100cc

醤油:50cc

みりん:50cc

 

加熱後に蓋を開けると材料から水分が出ているのですが、事前に湯通ししてあるのでアクがなくきれいです。

作り置き系で冷蔵庫に入れておき、牛丼やうどんなどに使えるのが便利そうです。

 

 

 

広告を非表示にする