博多の陥没

テレビで見てまず想像したのは、虫歯です。

治療した歯に金属でかぶせものをしたけど、何年か経つうちにそこが痛み出して、開いてみるとそこは歯髄神経を抜かなければならないくらい虫歯が進行しているという現実があった時みたいな。

かぶせものと歯は接着してあるといってもミクロの世界では隙間があり、そこでは毛細管現象が起きているので長年かかって内部が侵食されてしまったということなんですが。

 

日本中があちこちできれいに整備されていても、表面をはがすとどこも似たような感じだと思います。

 

急ピッチで埋め戻しはされましたが、中断された地下鉄工事はどうなるんですかね。

 

 

 

広告を非表示にする