デーブ大久保

喫煙可の飲食店を経営している彼が、国が進める店内全面禁煙を受け入れた結果店の売り上げが落ちたら面倒みてくれるのかと言ってるのをネットで読んだのですが、タバコの煙が嫌でその店に行かない人もいるので以後来店してもらえるかもしれないし、喫煙を売り物にしているわけではないのでそもそも全面禁煙化と来客数の因果関係を証明するのは難しく、その物言いはいささか乱暴に聞こえます。

 

彼を含む愛煙家の存在は吸わない人間にとってはどうぞご自由になのですが、店内全面禁煙というのは完全な分煙が技術的に難しいから海外で多く実施されている方法なんですけど、彼は店内が狭いので空気清浄機を置けないとも言っているので分煙意識が残念ながらその程度なんだと思います。

 

反対に海外は店内全面禁煙だけど外は吸い放題のところが多く、煙が問題なだけにどちらの立場の人にとっても不快でないいい案があるといいのですが。

【YuHaru】 シガレットケース 革 調 ブラック (20本)

 

広告を非表示にする