説明過多のこの頃

ヒャダインが歌詞を書くときの話で、阿久悠松本隆のように少ない言葉で世界を表現するのは今は通じず、これでもかと説明を求められるということを言っていました。

 

割と評判がいいらしいNHKの落語THE MOVIE (落語を映像化した番組)ですが、前にも思ったのですけどやはりここまで視聴者に親切にしてあげるもんなのかなあと思います。

 

落語は自分の頭の中で想像するところがかなり重要なポイントだと思うのですが、この番組は聴く人からその作業を奪っていて(制作の大変さは十分承知していますが)、我々がが想像力を使う場面が減ってしまい、想像力を働かせる力が落ちることにつながっていると思います。

 

落語なんか聴く人は少数だから別にいいのかもしれませんが。

 

g3org3.hatenablog.com

 

広告を非表示にする