読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対馬の仏像盗難

もともとは韓国のものらしい対馬のお寺にあった仏像が、韓国人窃盗団の手により盗難に遭い韓国当局によって捕まったものの、韓国国内のお寺がオラのところにあったものだという訴えが認められてそちらへ引き渡すようにという判決が出ました(訴えられた韓国政府は控訴)。

日本のことが嫌いな韓国国内でも法治国家でそんなことしたら非常識という意見が出ているくらいだそうなので健全な方もいるようです。政府が控訴したこともそうですし。

確かなことは日本のお寺から盗まれたことだけで、韓国のお寺は申告しているけどそのお寺だという証拠はなく、あくまでも推定される程度の話のようです。

日本のお寺はいわゆる善意の第三者になるのではないかと思うので、韓国のお寺は政府間協議など正当な手続きで返還要請するのがスジだと思うのですが。

 

これを見ていて思い出したのが桃太郎の話です。

学生時代に民法の授業で聞いてなるほどと思ったのですが、桃太郎は鬼ヶ島に行き鬼退治をして財宝を持って戻ってきておじいさんおばあさんにあげたという内容だけど、その財宝は本来の持ち主に返すべきで、何でおじいさんおばあさんがもらってるんだという指摘です。

韓国側にしてみたらこんな感じなんですかね。

 

しかし、日本側も大声で正当性を言えないこと韓国にやっている例もあるみたいなので、この件はこのこの件ということで。

広告を非表示にする