読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャラの違い

豊洲市場問題で百条委員会が始まっていますが、猪瀬直樹の知事時代ですらやらなかったよっぽどのことですが、呼ばれている人達は一線を退いたじいさんばかりで何ともはやという感じです。

ラスボスの石原閣下も齢84で、そんなヨボヨボの老人を引きずり出してきて成敗しても、悪いことをしたんだったらもちろん責められるべきではあるんですが、知事時代から私物化好き放題をしていたんですから全盛期とはいかないまでももう少し早くに糾弾するべきだったと思います。

弱った相手にしかできないのはマスコミや議会などの存在がそれまでということでもある気がします。

 

それはさておき、少し前まではワイドショーを中心に毎日豊洲市場問題で持ちきりだったけど、今はご存知籠池理事長というキャラが立った登場人物の出現で、話題はこっちに持っていかれて、都議自民が渋っていた百条委員会がやっとできたのにイマイチ盛り上がっていない感じがします。

元気がいい人がそこにひとりでもいればだいぶ違うと思うのですが。

 

見せもんじゃねえと言われそうですけど。

「豊洲市場」これからの問題点

 

広告を非表示にする