「説明責任」

よく聞く言葉ですが、その義務がある立場の人でちゃんと納得いく説明をしている人ってほぼいないように思います。

何か書かれた紙を読むだけなら説明でもなんでもなくて、相手に理解してもらうまで説明するのが(その先の賛成反対別にして)説明責任ではないんでしょうか。官房長官が疑惑に対して否定しかしないとか。それで納得するのは党に公認権を握られたイエスマンのお仲間だけでしょう。

これも総理の常套句ですが「丁寧に説明する」というのも、それがされたことは一例もないと思います。この人は何で反対のことばかり言うのか全くわかりません。

広告を非表示にする