役者が違う話

月曜にあった閉会中審査を見ていて思ったのが、格の違いです。

文科省前次官の前川喜平さんがメモなしで次々に答弁するのに対し、特に山本地方創生相が用意されたペーパーを見ながら延々と読むだけの姿、それも下を向いてるから何言ってんだか全然わからないのを見て、選挙で選ばれた議員とはいえ、こんなアホな人物を大臣にしておいていいのかと思った次第でした。

あれで説明したつもりになっているんだから相当おめでたいと思います。

大学設置にあたっての定員の具体的根拠が全く示されず、以前は「神の見えざる手」なんて言ってましたけど。

広告を非表示にする