星飛雄馬

最初目にした小学生のときは珍妙な名前だなあと思った記憶がありますが、もともとは原作者の梶原一騎ヒューマニズム由来の飛雄馬を苦悶の末絞り出したけど、難しすぎるという理由で編集部に却下されて、星明(あきら・明けの明星のイメージから)」になりそうだったと知りました。

どうしても編集部案に納得できなかった梶原がウンといわなかったようで、明は姉の名前(明子)にスライド採用されたようです。

↓エピソード満載で面白いです。出版社をかえて(新潮→文春→朝日)の3度目の文庫化。

『あしたのジョー』と梶原一騎の奇跡 (朝日文庫)

f:id:g3org3:20170719161944j:image

 

広告を非表示にする