人事

国対委員長竹下亘が再三の野党の要求を突っぱねていたんですが、今度の改造内閣のタイミングで政調会長になるようです。

これって、近畿財務局の佐川前理財局長がないないづくしの答弁をした結果国税庁長官に栄転したのと同じ、ご褒美人事なんでしょうか。

これでは国民に向かって何かをしようとする政治家や官僚がどんどんいなくなってしまうのでは?

逆らうと庇ってももらえないし、冷や飯を食わされますし。

こんな国って。。。

8/3追記:政調会長ではなく政務会長でした。

 

広告を非表示にする