ドラマ

日本のドラマがウソ臭いのはなぜか

前から言っているように、キャスティングありきの顔ぶれというのはもちろんですが、ライティングにあると思います。 役者をきれいに見せようという意図なのか、どのシーンも光が十分に当たっていて普段我々が日常生活で目に入るライティングと明らかに違うの…

最近のドラマ考

CMで流れるのしか見ないで言っているんですが、 ①顔芸ばかり ②キャスティング中心 が多いと思います(なので見たくならない)。 海外ドラマは、あんた誰みたいな人ばかりが出ていて話がメインで進むので余計なことに気を取られずに見ることができます。 あんな…

season

海外ドラマの影響だと思うんですが、1クール単位で制作される日本のドラマもこういう言い方をして、また何クール後に作られると次のシーズンが始まるという言い方をするのが定着しました(真似たのはそれだけで、中身は大手芸能事務所がキャスティングするス…

半沢直樹

ドラマの最終シーンで異動を告げられて続編を匂わせて終わったものの、だいぶ時間が経ってしまいました。 ビジネス誌に連載されていたものが次々に書籍化され、ついに文庫化までされたけどその広告はドラマがブームになっていた頃の面影はなく、おとなしい印…

渡鬼スペシャル

何がすごいって、橋田先生が92歳でドラマの脚本を書いていることです。 敬老の日なのに。 ピン子も相変わらずヤナ感じでよかったです。

やすらぎの郷♯121

本当は今日が121話目なんですが、Mステ特番で明日が121話の放送のようです。 もともと全130話と最初から言ってましたので(中島みゆきの主題歌は脚本を全部読んでから作ったそうですし)、月金の週5話だと1話ずれると今月中に終わらず、最終回が10月になってし…

山田太一

やすらぎの郷が話題で倉本聰のことをよく目にするようになりました。 私は北の国からを見たことがないので倉本聰自体には思い入れも何もないのですが、同じ1934年生まれの山田太一はかなり気になる存在です。 別に脚本家志望なんかではありませんでしたが私…

やすらぎの郷#103

130話まであるんですが、もう最終回まで載った脚本が出ているんですね。 終わってから売ったらいい気がしますが。

テレビドラマ

もちろん作り事だとわかって見ているとはいうものの、入り込めるかどうかの個人的ポイントに画質があります。 私たちが実際に目に映る日常の風景はくっきりしたものなのでそれに近い画質の方が現実に近いのでいいということになりそうなものですが、テレビの…

手つなぎ

斉藤由貴が週刊誌に写真を撮られて、手をつないでいることが倒れそうになったところを介助されたのとか、いやあれは恋人つなぎであるとか言われて、どこまでならOKなのかというアホなことをワイドショーで議論していました(それを見ていた私もアホですが)。 …

やすらぎの郷♯80

別にここまで見なくても結構早い段階でそうだと思っていましたが、石坂浩二が一番ダイコンです。 ナレーションはうまいんですけど。

やすらぎの郷#76

今回は新たに「アザミ嬢のララバイ」を歌ってましたけど、いくらなんでも中島みゆきしか歌わないっておかしいでしょ。 中島みゆきは好きなんですが、贔屓の引き倒しだと思います。 ↓たまに入るこのシーンも合成が丸わかりで興ざめです。もっと上手く処理して…

これだからジャニーズは嫌いだ

ドラマ「コード・ブルー」のキャストによる記事(AERAの電子書籍版7/24号)。 Amazonなんかで売っている雑誌の表紙もこの手のが多いけど、そういう方針のところに所属している人を表紙に起用したり、ひいてはドラマの主要キャストにするのはもうやめにした方が…

ハロー 張りネズミ

『AKIRA』がヤンマガで連載されていた頃載っていた記憶があるのでだいぶ前の漫画だと思うのですが(タイトルも寒い)、なぜ今頃ドラマ化なんでしょうか。

やすらぎの郷♯75

主要な登場人物のうち、八千草薫以外の入居者がほとんど喫煙者。 いくらなんでも吸いすぎなのでは? 今週は主題歌以外に中島みゆきがかかりすぎでちょっとしつこい気がしました。 10分少々なのに3曲はいくら中島みゆき好きでも。。。 確かに味わい深い歌詞…