読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉

笑顔

精神論的に根拠なく笑顔がどうのこうのというのは好きではないですし、最近はミサイルをおもちゃにしている北の指導者が発射のたびに見せている笑顔を見て複雑な気持ちになります。 冒険家の白石康次郎はいつもひとりでヨットに乗り世界の大洋上を航行してい…

鮫についてのややこしい話

個人的経験でいうと最初に知ったのは映画のジョーズでした。 ジョン・ウィリアムズ作曲の何か恐ろしいものが近づいてくる感じのサントラの効果も相俟ってヒットした映画ですが、鮫はジョーズでなくシャーク(ジョーズはjaw:顎の複数形)と知って軽いショックを…

Ü(Uウムラウト)

ÜSAというダンスパフォーマーがいますが、「ウサ」と呼ばれています。 これはUSAと書くと「ユーエスエー」と間違えられるからかもしれませんが、Üはウと発音するというのは結構厳しくて(だったらUでいいし、わざわざウムラウトがついた字をもうひとつ作る意…

運動神経

割とよく使われるけど、解剖学的にそんなもんはないのが明らかなのは運動神経です(断言)。 単純に走るだけであったり、何か競技をするに当たって他の人より秀でている理由として練習以外のもので考えられるものは速筋や遅筋とか通称レベルのものだったり、セ…

ヘント久保「スシボンバー」

多分"Sushi Bomber"のことだと思いますが、だったら「スシボンバー」でなくて「スシボマー」でしょ。現地でそう発音しているんですかね(英語圏でないからやってるかも)。 ゴールデンボンバーもそうだけど、いい加減bomberをボンバーと言うのはもうやめにした…

「説明責任」

よく聞く言葉ですが、その義務がある立場の人でちゃんと納得いく説明をしている人ってほぼいないように思います。 何か書かれた紙を読むだけなら説明でもなんでもなくて、相手に理解してもらうまで説明するのが(その先の賛成反対別にして)説明責任ではないん…

二重敬語

歴史家の磯田道史がサタデーステーション内のもう終わりという何分かで今上天皇の譲位について説明していましたが、「お位をお譲りになる」と何度も(最低3回は)言ってました。 古文の時間に主語がなくても二重敬語ならそれは帝のことだと習いましたが、現代…

報道ステーションの松岡修造のコーナー

彼の時だけなぜかColdplayの"Viva la Vida"がかかる謎のスポーツコーナーですが、もうひとつ他の人と違うのは普通は選手を呼び捨てするんですが彼だけは「さん」をつけることです。彼がアスリート出身なのが理由なのかもしれませんが、面と向かっては別にし…

「日本人」

テレビを見ていると、「日本人でよかった」と言っている場面がよくあり、その対象というかそれを発しているのは日本の食べ物を食べている時であったり文化的なものに触れている時であったりします。 この良さがわかるのは自分が日本人であるからだということ…

「一強」

マスコミが忖度している気がしますが、「一強」って本当は「独裁」と書くべきなんでないですかね。 大本営発表でいろいろな言い換え・書き換えがされ、本質を表していないものになってしまいましたが、そういう反省を受けてちゃんと書くべきことは正しく表現…

マクロン(Macron)

このところ何度も耳にしているのに、まずお菓子の「マカロン(macaron)」と間違え、傷薬の「マキロン(Makiron)」とも混同し、学生時代に教わった先生で名前が「マキロイ(MacIloy)と「マクリン(McAlinn)」という方がいたので、これらを思い出す度に最初に戻っ…

邀撃(ようげき)

最近の情勢で軍事関連の特集を目にすることが多いのですが、そこで元自衛隊のエラい人にインタビューをすると専門用語がちょくちょく出て来ます。 昨日知ってノートにメモした言葉が「邀撃」なんですが、辞書で調べると「迎え撃つこと。迎撃」と書かれていて…

連体詞の覚え方

何のこっちゃという感じなのですが、この間買った手元の辞書(現代国語例解辞典第四版)によると、 日本語の品詞の一つ、活用がなく、専ら連体修飾語として用いられる自立語。 とあります。 連体修飾語とは、体言と用言とがあって、用言の「用」は活用する意味…

敬語

奈良の鹿にやっていいのは鹿せんべいだけなのに、中にはアルコールまで(何かに染み込ませて)与えている観光客が増えているので、そういった鹿自体に対する危険性や、人間の持っている食べ物の味を覚えて里に下るということがないように餌やり自体を規制しよ…

立版古

「立版古」という、人生で初めて見た単語が書いてあったのは6日の新聞の全面広告で、サージェントペパーズの50周年記念盤の発売告知の隅でありました。調べるとそれは「りゅうばんこ」と読むそうで、平面の絵を要素に分けて切り取り、遠近感をつけて並べる(…

つじつま合わせ

昭恵夫人を私人ということにしてしまったので、どんどん発掘される過去の出来事と整合性をとるために「そういうのは無理でしょ」という理屈をつけ続けています。 昭恵夫人の選挙応援に政府職員(秘書役*)が同行していたとか、その交通費は昭恵夫人がポケット…

「よもや」

トヨタ自動車の入社式で章男社長が「よもや安定した会社に入って将来も安泰だと思わないでください」と新入社員に言ってるのをニュースで見ましたが、「よもや」は後ろに否定語を伴って「まさか」の意味だから、「よもや丸々と思ってないでしょうね?」とい…

「総合的に」判断

最近よく耳にするこの「総合的」という言葉。 物事を判断しなくてはいけない場面で、いくつかそっちを選択した方がいいのではという根拠があがっているけど決裁者がこのセリフを言って判断を持ち越しにしている気がします。 ラジオを聴いていたら大学の先生…

青山アナは号泣なんかしていなかった

↓スポーツ報知は昨日放送された番組のことについての記事をこうはじめています。 テレビ朝日・青山愛アナ(28)が、29日放送の同局系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜・後11時15分)最終回のエンディングで号泣した。 見ていましたけど「涙ぐんでい…

「記憶にない」問題

私達が日常生活を送る上で、過去の記憶を辿ることはよくすると思いますが、そこでは「覚えている」と「忘れた(覚えていない)」のどちらかではないでしょうか。 自分自身にしか関係ない場合、例えば先週見たドラマの内容とか読んでいる本の登場人物だと自分の…

パン屋さんへの差別

道徳の教科書で「友達の家のパン屋」だと「国や郷土を愛する態度」などを学ぶ観点で不適切とケチをつけられ、教科書会社は「和菓子屋」に差し替えて検定を通過したというニュースがありました。 ここにもアホがいました。 例えば、パン屋でも国産原料100%で…

『文藝芸人』

日本は戦後旧字体を新字体にするということをやりました。 一例ですが「學」を「学」をするといったような。 中国は中国で、簡体字という日本の漢字から見たらだいぶ省略したなという気がするのですが、そういうことで別々に進化していったという感じです。 …

ホタルイカの目玉

イカが記録的不漁でもホタルイカは多少水揚げがあるようで、今シーズンは何度か口にしました。 小型であっても下処理はしなくていけないのが手間で、特に目玉は取らないと噛んだときに「ガリッ」となります。 それを除去する業務用の機械が開発されTwitterで…

「もくと」

何で今のタイミングか訝られる自衛隊の南スーダンからの撤収の発表が今日ありました。 (籠池理事長会見の同時刻に自分の会見をぶつけてきた総理の行動をいぶかしむ説もありますが)* そこで総理は「もくと」と言っていて、また「でんでん」のようなことかと思…

言い換え

法的意味での「戦闘」ではない、とともちんが今日の予算委員会で答弁していましたが、法的意味で戦闘にそういう言葉はなく、一般的に使われる言葉と同じ意味なんだそうです※。 (自衛隊が破棄したと言っていたけど見つかった南スーダンでのPKO日報での記述) ※…

「あっせん」

ただでさえスマホやPCのせいで漢字が書けなくなっていっているのに、ひらがなにされたらもうおしまいだと思います。 常用漢字表にないというのは聞き飽きたので、ちゃんと「斡旋」と書いてルビを振るなどした方がいいんでないでしょうか。 全部ひらがなを使…

※個人の感想です。

そういうテロップが画面の端に出る健康関連のCMをよく見かけます。 商品と結果には必ずしも因果関係があるとは限らないからでありますが、今日の新聞広告を見て椅子からずり落ちました。 探したけどこの広告にはそういう但し書きは書いてありませんでしたが…

云々(でんでん)

テレビのニュースでは言ってないというか、そんなこと取り上げるのは武士の情けなのかあまりにもみっともなさすぎるからなのか。 ネットでは祭りになってますけど。 ネットがお好きなようなので本人の目に入ってはいると思います。 いくらなんでもあの歳まで…

最後のひとこと

いまわの際の言葉というわけではないですが。 永六輔「9条を頼む」 松方弘樹「マグロを守ってくれ」

日本人

「日本出身初」と言っているのは、ひとみさんこと元旭天鵬の大島親方が日本国籍をとっておられるからそれを意識してそういう言い方になっているんですけど、わざわざ「〇〇初」という言い方をしなければそういう表現も使わないで済みますし、いちいち言わな…

アリバイ

ネットのサイトで拾った文章ですが、 「自分たちだって言いたいけど言えないんだよ」と言い訳するための、アリバイ的な発言でしかなかったということなのか。 この「アリバイ」がこういう文脈で使われていることは結構目や耳にすることがあるんですが、新聞…

第五文型

英文法の時にしか使わない用語で、SVOC(O=C)となるパターンで、Oは「何を」にあたる目的語、Cは補語(って一体何だっけ)なんですが、OはAmerica、CはGreatです。 演説を聞いていて久しぶりに思い出しました。

「ほど」

昨晩の天気予報で女性アナウンサーが「午前中ほど雪が降る」と言っていて、ちょっと引っかかりました(聞き間違いかと思ったら画面にも出ていました)。 「死ぬほど」というと、どこにあるかはわかりませんが死ぬ一歩手前くらいの状況だったり気持ちを表してい…

不合格はなぜ「すべる」というのか

センター試験のニュースを見て思い出したことに、受験生への忌み言葉に「すべる」というのがあるけど、学生時代からそう言っていて疑問に思うことすらありませんでしたが、「不合格」の単語を見てもそのどこにもすべるというニュアンスがないのにそう言われ…

数年に一度の

大寒波がやってきて気象予報士はこういう言い方をしていますが(気象庁がそう発表しているからだと思うけど)、何年に一度という言い方だと規模が全くわからないので「平年に比べて〇〇倍」と言った方が聞いている人に伝わると思います。 人間の一生より長い何…

オバマ大統領 退任演説

ニュースでやっていましたが、毎度の格調高い演説でした。 日本の総理大臣はこのスタイルを真似して日本語でそれをやってますが、そもそも日本語でやっても合わないし、いつも美辞麗句を並べるだけの言葉だけがかなり浮いていると思います(ウソばっかり言っ…

声優総選挙

テレ朝の特番の中でやってますが、ボスを選ぶというわけでもなく単に順位を決めるだけなのは総投票とでも言えばいいわけで、選挙とは違うと思うんだけどなあ。 AKBがやってるのも1人1票でないのであんなの選挙と呼べませんが。 山ちゃんが1位という結果につ…

ものの例え

酉=鶏は飛べない鳥の代名詞的なものだと思うんですけど、年頭挨拶で「大空を駆ける」と酉年にひっかけて言っているつもりの我が国の総理大臣はそんなことも知らないのでしょうか(小池知事も同じこと言ってましたが)。 鳥年でなくてわざわざ酉年と書くんです…

いちりつ(市立)

最初に聞いたのは高校サッカーだった気がしますが、「いちりつふなばし」と言っているので何かと思ったら千葉県には船橋市立船橋高等学校と千葉県立船橋高等学校とがあって、スポーツが強いのは前者なんですけどそこを指すのにそういう言い方をしているとい…

士業

医師、弁護士、税理士、公認会計士と思いつくものを列挙したらすでに「師」と「士」があってこの考えは成り立たなくなったのですが、国家資格を受けて合格した人がなることができる職と、それ以外(もちろん業界内で厳しい水準で実施している試験を通過した人…

「さゆに高濃度塩素、故意に混入か」

最初何のことかわからなかったのですが、薬を飲む時に推奨されるぬるま湯のことを指しているようで、ここは「白湯」と書くともうひとつの読み方である「パイタン」と誤読する可能性があるから敢えて平仮名にしたと言われるかもしれないけど、見出しは「東京…

LUPIN THE IIIRD(劇場アニメ)

芸能ニュースでルパンの映画の新作がという話題を見かけたんですが、「三世」を表すのに"IIIRD"という書き方があるのをはじめて知りました。 ご存知のようにただの数字の3だけだと基数か序数かわからないので、序数で使いたい場合は三番目を意味する"THIRD"…

ファースト

この言葉自体は以前からありましたが、小池知事が「都民ファースト」と使い始めてからそこに何かを入れることで印籠の効果を発揮しています。 それはそれで結構だと思うのですが、野球で打者が打って最初に向かうのも「ファースト(1塁)」で、あそこは同時に2…

「ガラパゴス化」の使われ方

元々はダーウインがガラパゴス島で独自の進化をしていた動物を発見し、周囲の影響を受けずに独自の発展や進化をしたという意味で使われているはずなのですが、最近の使用例を読んだり聞いたりしていると、そこに発言者の抱くマイナスイメージを乗っけている…

オートマ車

新車の販売台数のうち、オートマ車の割合がだんだん多くなって今ではマニュアル車はスポーツカーなど少数派になってしまいました。 最近の事故の多くはブレーキとアクセルの踏み間違えと言われており、防止にはマニュアル車がいいんじゃないかという意見も出…

意志と意思

法律の条文に書かれている言葉と我々が日常で使う言葉とで表記が異なるものとして、意志と意思(後者が法律で主に使用)があり、それを知ってか知らずか「意思」の方を使う人が増えているように思います。ほとんどの場合、「意志」でいいと思うんですけど。 意…

この世界の片隅に@ユアタイム

大手マスコミで無視されてい続けていた「この世界の片隅に」ですが(私が普段接しているメディアの中ではTBSラジオだけが早くからかなりの回数いろいろな番組で取り上げて皆さん絶賛していますが)、ユアタイムで取り上げられていました(しかし、この映画がシ…

報ステ小川アナ

毎日のように見ているんですが、この人がどうも好きになれません。 今日の小池知事の定例会見で記者から大山鳴動して鼠一匹と言われた場面のことを「気色ばんだ」と言っていますが、小池知事はそんなことを言われると内心で当然怒ってると思うけど表面上はそ…

紅白歌合戦の特別扱い

※以下の話は全てネットなどで拾った未確認情報に基づいて芸能界とは全く関係がない私が組み立てたフィクション考察です。 だんだん紅白の出場歌手・グループの発表が遅くなってきたのは、各芸能事務所がプッシュしたりバーターを持ちかけたりすることに対す…

蕎麦湯

蕎麦湯を知らなかった女性が交際相手と蕎麦屋に行った際に、彼が蕎麦湯を飲んでいる姿を見て幻滅したいうようなことをブログで書いて炎上しているとネットで知りました。 生きていて知らないことなんてたくさんあるわけなので、それに気づいている人は該当ブ…