もんじゅの地元

見ていて失礼ながら思うのですが、政府にヤク中にされてそれを取り上げられてしまった人のように見えます。

なくなると地元の経済が廃れるという理屈はもっともだけど、その経済活動の元が誰にもどうしようもできないもので、それを前提にした発展を考えるのはさすがになしだと思います。

 

世界では撤退がトレンドだし、高速増殖炉はどこも成功してないのにどうするんですかね。

 

一旦始めたものは引くに引けないので進むしかないとするのは日本軍の考え方そのものですが、きちんと撤退を考えて今まで貢献してくれた自治体にリハビリさせて健全なことを考えることができるようにしてあげることが必要だと思います。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

 

広告を非表示にする