読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指定生存者

海外ドラマ 時事問題

トランプ大統領が大統領令を乱発しているので、共和党内に彼の精神状態を疑う意見や、レーガン大統領が狙撃されたときのような大統領自身が意思表示できないケースの権限移譲はどうするのかという話が本来とは違う意味でよく調べられているそうです。

 

大統領が職務を続けられなくなったら副大統領が代行するのは映画やドラマでよく見かけるシーンですが、以前「火星には火星人がいる」とマジで言っていた副大統領がいて、「大統領が狙撃されることがあったらすぐに副大統領も狙撃せよ」というジョークがありました(その場合は下院議長が継承)。

 

一般教書演説の際には大統領はじめ三件の長が一堂に会するので、不測の事態に備えて連邦議会議事堂から離れたところに「指定生存者」という存在を何人かキープしておくという決まりがあるそうです。

 

Netflixでやっているキーファー・サザーランド主演の「サバイバー 宿命の大統領(原題:DESIGNATED SURVIVOR)で知りました。

Netflix?

 

広告を非表示にする