井上②

 どこが火元かわからなかったのでもしやと思っていたんですが、まさか井上がそうだったとは。

寸胴鍋そばの壁がステンレスを隔てて熱が伝わり発火する伝導加熱が原因なので火の消し忘れといった重過失とは違うという弁護士のコメントを載せている記事を読みましたが、私もアパート住まいの時にガス台のすぐ横が壁(板)でそこにステンレスを表面に打ち付けてありましたが、伝導加熱という言葉は知っていなかったけどこんなんじゃ向こうの板が燃えるまでいかないけど焦げるだろうと容易に想像はつきましたが。

私は弁護士でないけど個人的にはまあまあの過失はあるという気がします。

住宅事情で狭い空間に詰め込んであるとそういうことになっているところはたくさんあると思われますが、一般家庭ではなく客商売だと余計加熱時間は長いだろうから危険は高いということですね。

 

井上のラーメンは好きだった人は多いと思いますが(私もです)、補償や一度火を出したことを考えるとあそこで再開というのは難しく、もう食べることはできないかもしれません。

 

g3org3.hatenablog.com

 

広告を非表示にする