加齢対策

私の左目の視力が右目に比べてよくない理由は、中学のときからやっている白髪抜きの際、後頭部を見るために合わせ鏡をするんですが、利き目が左のため(ピンセットを持つ手が右ということもあると思いますが)左でばかり近いところを頻繁に見ていたためであろうと考えられます。

先天的でない近視は病気ではなく、近いものを見るという需要に身体(目の機能)が対応したためです。

それから何十年。

今もせっせと続けていますが、発見される白髪が年齢を重ねるに連れてだんだん増えてきました。

白髪は二通りあって、最初から白髪で生えてくるやつと、黒いのが段階を踏んで白くなるというもので、長いのがそうなっていて、さすがにそこまでの長さまで成長するのを見逃さないので後者だと思われます。

 

先日ラジオで久米宏が、ニュースステーションをやるようになって老眼がはじまり、白髪も生えてきたので、カメラ映りを気にしてメイクの方に本番前に抜いてくれというお願いをしたという話をしていました。

でもある日その方から「もう抜くのやめません?」と言われたそうです。

現在の久米宏は真っ白です。

 

私は自分で抜いているのでそれを決めるのは自分なんですが、いつまでやり続けたらいいんでしょうか。

 

加齢対策といってもみばえなので本質的な解決策ではありませんが。

 

NOOK(ヌーク) しっかり挟めて抜きやすい 肌にやさしい毛抜き 日本製 グレー

 

広告を非表示にする