飽和水蒸気量

中学の時に習った時は意味があまりよくわからなかった飽和水蒸気量。

1㎥の空気中に何gの水分が存在できるか示したもので、それを超えると水滴になってしまうものです。

湿度が高くてシャワーを出しっぱなしの空間にいるかと思うような感じだった昨日今日は、汗が出ても蒸発できない飽和水蒸気量に近かったので着ているものは湿ったまま乾かなくて何度も着替えをしました。

気温27度で湿度70%だと30分で熱中症になるとテレビで言っていましたが、その環境下では汗が蒸発できる余地はなさそうです。

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

 

広告を非表示にする