「いつもの」

瑛太がそう言うけどお店の人に聞き返される保険会社のCMがあります。

これを見ていて思い出したのが、以前よく行っていた都内の蕎麦屋のことで、そこの注文をとる方はよく来る客の注文を覚えていて、店に入ってくるやいなや厨房にそれを通していました。

私は感心したのですが、そこのご主人に言わせると、他のものを食べたい場合もあるだろうからそれについては疑問で、やめて欲しいと思っているけど注意すると店を辞めると言われるから困っているとのことでした。

最終的には何回目かの辞める発言で、はいどうぞと止めなかったので辞めてもらったそうです。

客商売で客のことを覚えるのは悪くないと思いますが、何事も程度問題ということでしょうか。

「いつもの」に憧れていましたが、以後そういうことを思わなくなりました。

若泉漆器 割烹漆器湯筒 (大)角 朱 (620cc) 1-556-12

 

広告を非表示にする