舛添前都知事

辞職して初めてということでNEWS23のインタビューに答えていました。

在職時に糾弾されたファーストクラスでの出張や毎週の公用車での別荘通いなど基本的に考えに変わりがないようです。

個人的に思うのは、自分がやっていることは一般人の感覚からしてかけ離れていることを認識した上で、前もって説明しておくことをすべきだったのかなという気がします。

ファーストクラスでなくていいと思いますけど。

その上でなお自らの主張を押し通すのもいいでしょうし、自分はそう思うけど有権者がそう言っているならと譲ることも必要だと思います。

インタビュー後のスタジオの感想は舛添要一は以前と変わっていないというものでしたが、私もそう思いました。

↓こういう本のタイトルは反語的な意味の場合が多いと思いますが、舛添要一の場合は字ヅラ通り失格だったと思います。

都知事失格

 

広告を非表示にする